藤枝市青葉町 ローポンプ作業

藤枝市 トイレ詰まり修理
本日は、店舗で起きたトイレの詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。藤枝市の店舗の方から緊急の詰まり修理のご依頼を頂きました。男女兼用のトイレで一か所しかないため、できるだけ早い修理をご希望でした。急いで現場へ向かい、状況を詳しく見させて頂きました。お店に常備してある市販のラバーカップを使ってお店の方が詰まり除去を試みたそうですが、解消はしなかったようでした。屋外の排水マスを確認しましたが、詰まりや溢れなどの異常はありませんでした。こちらの店舗様は過去に数回トイレの詰まり修理でお伺いしたことがあり、屋外排水で詰まっていたり、浄化槽内で詰まっていたりと、様々なトラブルが起きて修理を承ってきました。今回は排水管ではなく便器の内部で詰まってしまっている可能性が高くかんじられましたので、まずはローポンプ作業を行う事にしました。ローポンプとは、大きな注射器のような形状でピストンの原理で水を吸い込んだり噴き出したりすることができる詰まり除去のための道具です。市販のラバーカップよりも強い圧力で詰まりの原因物を水ごと吸い戻すことで、向きを変えたり解したりして流れやすくすることができます。便器に押し当てる先端部分には形状の異なるゴムの筒を取り付けることができ、様々な形状の便器や和式便器にもフィットできるようになっています。詰まって水が溜まっている状態の便器にローポンプを押し当てて、ピストンを引くことで便器内部の水ごと詰まりの原因物を水戻し、また吐き出し、また水戻し、吐き出しと繰り返すこと数回で詰まりが抜けて、溜まっていた水が一気に流れていきました。水が流れていったとしても、便器の内部に残留物があると詰まりが再発することもありますので、その後も何回も排水テストを行い、便器内に残留物がないかどうか確認し、問題ないようなので修理完了となりました。ホームセンターなどでラバーカップを購入されるお客さまは多いのですが、トイレの便器の鉢内の形状はメーカーや年代によって様々で、購入されたラバーカップが便器にきちんと密着できる形状かどうかは購入前に確認することができませんので、お使いのトイレにしっかりとフィットしないラバーカップで一生懸命詰まりを取ろうとされている方も残念ながら多いです・・・ラバーカップもローポンプもどちらも、便器に押し当てて水ごと内部を引っ張り戻すための道具なので、押し当てる接地面に隙間がある状態では圧力が逃げてしまうため、役目を果たしてくれません。通常のトイレ詰まりであれば、数回引っ張り戻す作業で詰まりは解消することが多いので、何回か使用してみて上手くいかないという時は、便器とカップの形が合っていない可能性があります。