トイレタンク部品交換

藤枝市青木トイレ水漏れ修理
一般のお客様からトイレのお水が止まらないから直して欲しいという依頼を頂きました。
お客様のお宅に到着するまでの間、お水が出っ放しですと水道代がもったいないですので、トイレタンクの左横あたりにトイレタンクだけのお水を止める栓(止水栓)があると思いますので、それをマイナスドライバーか、無ければ10円玉で時計回りに回してくださいと伝えました。
幸いなことにマイナスドライバーがお家にあったので無事お水を止める事が出来ました。
皆様も知っておいた方が得かもしれません。
すぐにお客様宅に急行し、点検しようと思い扉を開けると、トイレがカスカディーナという種類でした。
このカスカディーナとは詰りを起こしにくい便器で、今ではたまにしか見かける事がなくなりました。
早速点検のためタンクの蓋を開けてみたところ、タンクの中のお水を流したり止めたりする部品(ボールタップ)が開きっぱなしになっていました。
今回はボールタップの交換で直ります。ただ20年使用されていたので、タンクの中のお水を流したり止めたりする部品(フロートバルブ)の交換も行いました。このフロートバルブという部品はゴムでできており、パッキンの様に比較的劣化が早い部品です。
このカスカディーナは修理するときタンクを便器から外さないようにしています、専用の部品を使わないとタンクを便器に繋ぐ隙間から水漏れを起こしてしまいます。今回は排水弁という部品ではなく、その一部のフロートバルブを交換しました。
今回のお宅ではフロートバルブとボールタップを交換して直す事ができました。


お客様の声

トイレのお水が止まらなくなってしまったので驚きました。こんな事は初めてです。電話でお水の止め方を教えてくれたので助かりましたまた、夜でしたが電話を掛けてすぐに来てくれたからよかったです。