静岡市駿河区国吉田台所蛇口交換作業 お客様の声

静岡市 台所蛇口水漏れ修理
駿河区のお客様からお電話にて台所の蛇口についてのご相談を頂きました。蛇口を使用していなくても常にレバー付近から水漏れがあり、蛇口の根元に水が溜まってしまってお困りとのことでした。詳しく見させて頂くためにお客様宅へお伺いしました。訪問後蛇口を見させて頂きましたが、一番最初に感じたのはレバーの動きがとても固いことでした。レバーを上下左右に動かすとギギギと擦れるような音がしていて、指一本では動かすのが困難なほど抵抗を感じました。レバー式の蛇口は、指一本でも操作することが可能なくらい便利な蛇口として作られているのですが、使用年数の経年により、内部の部品が少しずつ摩耗して動きが固くなったり、擦り減って隙間ができて水漏れが起きたりといったトラブルが発生します。レバー式の蛇口の内部には、カートリッジという部品が入っていて、水とお湯の混ぜ合わせる割合の調節と、出し止めや水量の調節と、全ての役割を一つの部品で担っているとても重要な部品です。少しずつ劣化してしまう消耗品です。レバーの動きが固くなったり、カートリッジの上部から水漏れしてしまったりといった今回のトラブル自体は、カートリッジを交換することで解決できるのですが、お客様がお使いの蛇口は他にも消耗している箇所がいくつかありました。あれこれ部品を複数交換して修理する方法と、蛇口そのものを新しい物へ交換する方法と、どちらも同じくらいの費用がかかる状況でしたので、選んで頂きましたが、やはりメリットが多い蛇口本体の交換を希望されました。昔ながらのハンドル式の蛇口とは異なり、レバー式の蛇口は構造が複雑なため、構成される部品数も多く、あちこち消耗してしまっている場合は、一つ一つ部品を交換するよりも、丸ごと新しくしてしまう方がメリットが多いケースがあります。お客様が選ばれた蛇口を手配して、後日蛇口本体の交換作業を行うため再訪問しました。このタイプの蛇口の交換作業は30分ほどで完了できますので、お忙しいお客様だとしても気軽にご依頼頂けるような内容です。

お客様の声
水道の水漏れがずっと気になっていたのですが、なかなか修理をお願いするタイミングが見つからずに困っていました。インターネットでこちらのホームページに出会いましたので相談してみることにしました。こちらの都合で何度も来て頂くことになってしまったのにもかかわらず、出張費もかからずに修理して頂けたのがとても嬉しかったです。