静岡市清水区蒲原東浴室蛇口交換作業 お客様の声

静岡市清水区蒲原東 浴室蛇口交換作業
清水区のお客様からメールにてご相談を頂きました。ご相談頂いたお客様のご実家、ご両親のお宅の浴室で水漏れが起きているそうで、一度見に来て欲しいというご依頼でした。さっそくお伺いしてお話をお聞きすると、入院のため長くご不在が続いていたそうですが、時折建物の管理のためにお客様が訪れていたそうでした。数日前に浴室を使用していないのに浴槽周辺が濡れていることに気づき水漏れを発見されたとのことでした。浴槽にお湯を張るための蛇口ですね。吐水パイプから水がポタポタと垂れていて、壁と蛇口とをつなぐ部分からも一筋の水が伝って壁の方に続いていました。吐水パイプからの水漏れは、レバー内部のカートリッジという部品の劣化によるもので、壁の方への水漏れは接続部分のパッキンの劣化によるものでした。カートリッジは温度調節と水量調節、水の出し止めといった全ての役割を担う、レバー式の蛇口にとって最も重要な部品ですが、日々の仕様の度に少しずつ摩耗してしまう消耗部品です。一般的な耐用年数は7~10年程と言われていますが、こちらの建物は築30年近いとのことでしたので、3倍近く頑張ったと言えます。壁に取り付けられるタイプの蛇口ですので、接続部分のパッキンを交換するためには蛇口を一度取り外す必要もありました。修理の内容を聞いたお客様は、蛇口を取り外すのであれば、そのまま新しい蛇口に交換した方が安心できるとお考えのようでした。確かに30年近く使用されている蛇口ですので、その時に不具合が起きている部分だけの修理をするよりは、新品に交換された方が今後も含めて安心してお使い頂けますね。退院した後、驚かせたいというご希望もあって、今回は蛇口を新しい物に交換する方法にて水漏れ修理を行うことになりました。当店の車には、一般的によく使用されている蛇口や部品などを常に常備していますので、そういった蛇口でよければその場で交換することが可能です。今回のお客様も、メーカーにこだわりはなく、今と同じように使うことができればどの蛇口でもいいというお話でしたので、日を改めることなくそのまま常備品にて交換作業を行いました。

お客様の声
風呂場の蛇口修理の際にお世話になりました。水道修理をお願いする時はいつもどこにお願いしたらよいか悩むのですが、みずがめ水道さんは案内がとても丁寧な印象で、スタッフさんも明け透けなく話してくれたので信頼できると感じました。私の自宅の方もいずれ不具合が出るかと思いますので、その時はまた相談したいと思います。