静岡市葵区田町洋式トイレ脱着作業 お客様の声

静岡市 トイレ詰まり修理
本日は、飲食店にて起きたトイレの詰まりトラブルについて、洋式トイレの脱着作業による異物詰まり除去の事例をご紹介します。葵区の飲食店から緊急修理のご依頼を頂きました。来客者用のトイレの一台が流れないようで、色々試しているそうですが一向に改善しないので、修理をして欲しいというご相談でした。お店に到着して状況を見させて頂くと、トラブルの起きているトイレだけ扉に鍵をかけられていて使用中止の貼り紙がされていました。お店のオーナーさまにお話しをお聞きすると、ホームセンターで購入されたラバーカップや金属製ワイヤーの詰まり除去道具などを用いて、詰まりを直そうとされたそうでしたが、便器に水が溜まった状態から時間をかけて水位は下がるものの、流れずにまた水が溜まる状態を繰り返しているそうでした。水の溜まり方と水位の下がり方、お客様のお話しと不特定多数の方が使用するという状況から、水に溶けない異物が入ってしまった可能性が非常に高く感じました。オーナー様のご了承を頂いて、トイレを一度分解して取り外し、便器内に残っている異物を除去する作業、トイレの脱着作業に取り掛かることになりました。便器内に異物が入ってしまっている場合、無理矢理に押し流してしまうと、下流の排水管の内部で別の詰まりを引き起こす可能性もでてしまいますので、排水管に入らないように便器の中から取り出す必要があります。便器内の異物を取り除くためには、便器を取り外してひっくり返す必要があるのですが、便器の上にはタンクと便座が設置されていますので、まずはタンクと便座を取り外していきます。便器は床に固定されていて、金具を外すと排水管から便器が抜ける状態になります。便器をゆっくりとひっくり返すと、排水管との接続部分に詰まりの原因が引っかかっているのが見えました。やはり、予想していた通り、タオル地のおしぼりが一枚、丸まって詰まっていました。床下の排水管に落とさないように慎重に取り除き、便器内にも残留物がないことを確認して、全てを元に戻していきました。トイレが元通りになった後、オーナー様にも見て頂きながらトイレットペーパをの丸めた物をいくつか同時に流して正常に流れる事を確認して修理完了となりました。

お客様の声
トイレが詰まってしまった際に修理をお願いしました。遅い時間にも関わらずすぐに対応して頂けてよかったです。はじめからプロにお願いしていればもっと早く解決したのでしょうね。勉強になりました。