藤枝市小石川便器脱着作業 お客様の声

藤枝市 トイレ詰まり修理
藤枝市の店舗様から修理のご依頼を頂きました。状況についてお聞きすると、来客の方がトイレに誤って車の鍵を落として流してしまったようで、車の鍵を取り出して欲しいとご希望でした。鍵の大きさなどはお店の方では把握できていないようで、もしかしたら下水管の方にまで流れて行ってしまったかも知れないと心配されていました。落として流れてしまっただけの状態であればまだ便器の内部に残っている可能性が高いため、水を流したり手を加えることなくそのままの状態でお待ち頂くようにお願いをして現場へ駆けつけました。現場到着後、屋外の排水マスを開けて点検をしましたが、鍵は見当たりませんでしたので、やはりまだ便器の内部に残っている可能性が高いと考え、便器の脱着作業を行うことにご了承を頂きました。洋式のトイレは基本的には排水管と便器を接続して動かないように床に固定されていますので、床の固定を外して便器を取り外すことで排水管の内部も便器の内部もあらわになります。異物を流してしまった場合、無理矢理に押し流してしまうと手の届かない排水管の下流に行ってしまい取り出したり詰まりを除去するのが困難な状況に陥ってしまうため、排水管に入ってしまう前に便器を脱着して手作業にて異物を除去する方法がベストな方法になります。便器を取り外したいのですが、便器の上にはタンクや洗浄便座などが載っていますので、まず先にタンクと便座を掘り外して作業の邪魔にならない場所に移動します。次に便器を取り外しひっくり返して内部を確認すると便器の内部には鍵はなく、便器と排水管をつなぐ土台となる部分、床に設置された排水ソケットの一番奥の部分に鍵が引っ掛かっているのが確認できました。キーホルダーが付いていたので曲がり角の狭くなった部分に引っ掛かっていたようでした。トングを使って引っぱり出そうとしたのですが、長さが足らずに鍵まで届きませんでした。長めの棒で引っ掛けようかとも思いましたが、万が一鍵が目視できない位置まで移動してしまったら…と思い直し、作業を一時中断し、長めのトングを買いに走りました。現場に戻り、買ってきたトングで慎重に鍵を取り出して、一安心。便器とタンクと便座を元通りに組み立て戻して、排水テストを行って問題がないことを確認して、無事修理完了となりました。

お客様の声
お客様がトイレに鍵を落とされた際に修理に来て頂きました。電話の後すぐに対応して頂けましたし、短時間で解決して頂けたのも非常に助かりました。同じようなトラブルが起きないにこしたことがありませんが、また何か困った事が起きた際には修理をお願いしたいと思います。