藤枝市音羽町タンク内部品交換作業 お客様の声

藤枝市トイレ水漏れ修理
藤枝市のお客様からトイレの水漏れ修理についてご相談を頂きました。以前よりチョロチョロと水が漏れる音がしていたそうですが、水道代が上がることも無くそのまま使えていたのでそのままにされていたそうでした。最近になって、水漏れの音が大きくなったような気がしたそうで、そろそろ修理をした方がいいのではと思ってご相談頂いたという経緯のようでした。早速お客様宅にお伺いして、トイレを見させて頂きました。今まで一度も大きな故障も修理もないまま使用されているというお話でしたが、2階にご案内頂き、トイレのタンクの状態を見てすぐに数か所の不具合が確認できるほどの状態にありました。トイレ自体はINAX製の旧式のタイプで、製造終了からだいぶ年数が経過してしまっているトイレでした。互換性のある他社製の部品で交換可能な箇所もありますが、全てが修理可能とは言えないトイレの一つです。一番の不具合箇所はタンク内のボールタップという部品でした。タンクの中に水道から水を補充したり、補充を止めたりを調節しています。また、フロートバルブというゴム玉の一度も交換されていませんでしたので、経年の劣化で表面がヒビ割れてしまっていました。他にも細かいパッキン類も色々と傷んでしまってはいましたが、現状で水漏れの原因となっているのは、水の補充が終わってもしっかりと止められなくなってしまったボールタップと、ヒビ割れてタンク内に溜まった水が少しずつ抜けてしまう状態のフロートバルブの2点でしたので、ご説明をさせて頂きました。お客様は、2階のトイレはあまり使用しないし、費用を抑えたいので、どちらか一方だけ交換して欲しいとご希望でした。トイレが水漏れしているという結果は一見1つなのですが、ボールタップの劣化からも水漏れが起きていて、フロートバルブの劣化からも別の水漏れが起きているというトイレの状態なので、それぞれの水漏れの結果が同じ場所に漏れてくるので、見えている結果が一つという状況です。なので、どちらか一方を修理しても、チョロチョロという水漏れの音も小さくはなるかも知れませんが、残した方の水漏れはそのまま残ってしまいます。今回のような部分的な修理を強くご希望なケースでは、今起きている状況と原因、修理の内容について、お客様にしっかりとご理解・ご納得して頂かなければ、後々不快な思いをさせてしまったり、クレームが発生してしまう可能性もあるため、しつこいと思われてしまうかも知れませんが、時間をかけて細かく説明をさせて頂きました。結果、ご納得の上、今回はボールタップのみ交換を行い、フロートバルブはそのまま維持という内容にて部分修理を行いました。

お客様の声
トイレの水漏れ修理の際にお世話になりました。もう片方の水漏れについては、折を見て検討したいと思います。色々と無理を言ってしまいましたが、修理して下さり、ありがとうございました。