藤枝市大西町洋式トイレ交換工事 お客様の声

藤枝市 洋式トイレ水漏れ修理
一年程前に洗面台の蛇口交換作業についてご依頼を頂いた藤枝市のお客様から、水漏れ修理のご相談を頂きました。水道検針の方に漏水していると指摘を受けたそうで、水まわりを一つ一つ調べた所、トイレで水が垂れる音がするのを発見したようで、時間のある時にでもまた来て欲しいというご相談でした。前回お伺いした時にはトイレは拝見していなかったため、どのようなトイレかがわからず電話では詳しいご説明ができませんでしたので、電話のあとそのまま訪問させて頂きました。水道修理の会社が山ほど存在する中、こうして二度三度とご相談頂けるのはとてもありがたい気持ちになります。お客様にご挨拶をし、トイレを拝見させて頂きました。20年程前のTOTO製のトイレでした。今までに一度も部品交換などのメンテナンスはしたことがないというお話でしたので、タンクの中の部品が経年劣化して水漏れを起こしていると思われました。幸い、この年代のトイレはどのメーカーも同じような形状の部品が使われていますので、まったく同じとは言えませんが今でも市販されている部品で交換が効きます。止水をしてタンクのフタを開けて内部を覗いた所で手が止まりました。タンクの中の断熱材がパンパンに膨らんで変形してしまっていました。タンクの中で上下に動く部品の動きが膨らんだ断熱材によって阻まれてしまい、正常な動きをすることができずに、タンクの中に水を入れ続けてしまうという状態になっていました。タンクに噴きつけてある断熱材は後から再び付け直すことが困難なため、断熱材が劣化してしまった場合はほとんどの場合はタンクを新しいものに交換する必要があります。しかし、もう既に廃番になってしまっているタンクを入手することはできないため、現在販売されているタンクを選ぶことになりますが、現在販売されているタンクの水量は20年前の物と比べると半分以下になっているため、沢山の水量で流すように作られている20年前の便器の上には設置できません。必然的にタンクと便器はセットで交換することになります。苦肉の策として断熱材を切って取り除き部品が動けるようにして凌ぐという方法もなくはないのですが、タンクに結露が発生して床が濡れてしまうというデメリットが発生します。お客様にトイレの状況をご説明すると、長く使ってきたから覚悟はしていた、夫婦二人だけだからそんなにいいトイレでなくてよいので安心して使えるようにトイレを交換して欲しいと正式にご依頼を頂きました。温水洗浄便座は使ったことがなく、必要ないというお話でしたので、便座が温かくなる暖房便座との組み合わせで精一杯お値引きして交換工事を行いました。

お客様の声
以前とても親切にして頂きましたので、今回もご相談させて頂きました。急なお願いでしたが、すぐに駆け付けて下さり、親身になって話を聞いてもらえてとても感謝しています。今後ともぜひ宜しくお願いします。