静岡市葵区池ヶ谷高圧洗浄作業 お客様の声


葵区の店舗様から排水詰まりの修理依頼を緊急で頂きました。排水が詰まってしまって、床上に排水が溢れて来てしまっているそうで、できるだけ早い解消をご希望でした。現場へ到着後、まずは店内水まわりの状況を確認し、それぞれの水まわりの配置と排水経路を調べました。排水が溢れてしまっていましたので、なるべく水を使用しないようにお伝えして屋外へ向かいました。屋外には塩化ビニール製の排水マスが並んでいましたので、全てのフタを開けて内部を確認しました。最上流から4つの排水マスの内部には汚水が溜まっている状態で、上流から5つ目の排水マスは正常な状態でした。通常、排水マスや排水管の内部には、水は溜まっておらず、フタを開けると排水マスの底面が見えるのですが、内部が見えない程汚水が溜まってしまっている状態の場合は、その排水マスよりも下流側で詰まりが発生しているということになります。今回は、水の溜まっている排水マスと、水の溜まっていない排水マスの間が詰まり箇所となります。このように、土の中に埋設されている排水管の内部で起きている詰まりや汚れを除去するためには、いくつかの方法がありますが、お店の責任者の方とお話をした結果、今回は高圧洗浄機を使用した排水管内部の洗浄作業を行うことになりました。高圧洗浄機とは、大きなタンクに溜めた水やお湯を加圧ポンプで吸い、非常に強い圧力をかけて噴射することができる機械です。排水管内部を洗浄するため専用の洗浄ホースを用いて、排水管の内部に水を噴射することにより、詰まりの原因物や汚れを細かく砕きながら移動させて、内部をくまなく洗浄することができます。一般のご家庭に比べて飲食店などのような食品を扱う店舗では、より多くの油が排水内に排出されます。油は排水管内の壁面などに付着し、温度の低下や乾燥により固着してラードのように塊になります。それがだんだん大きくなると流れが悪くなり、詰まりを引き起こします。洗浄開始から数分で詰まり自体は開通し、厨房内に溜まっていた排水が一気に流れていきましたので、店舗のスタッフの方に水を使用しても大丈夫な旨をお伝えしました。しかしこの状態は、ただ単に水が通る隙間ができただけで、内部に付着物がまだ残っていることも考えられますので、取り残しの無いように時間をかけて洗浄しました。

お客様の声
店が混雑する時間帯でしたので、その日の内にすぐに対応して頂けて、本当に助かりました。屋外排水管の清掃の必要性は知らなかったため、大変勉強になりました。今後は定期的に洗浄をお願いしようと思いますので、その際はよろしくおねがいします。