静岡市葵区羽鳥洗面蛇口交換 お客様の声

静岡市 洗面蛇口水漏れ修理
葵区のお客様から、洗面台の下から水漏れがあるとご相談を頂きました。お客様宅にお伺いして詳しく見させて頂きました。洗面台と床の隙間から水が染み出てきているというお話でしたので、収納内の荷物を出させて頂きましたが、荷物は濡れていました。収納内を確認すると、蛇口から垂れてきているようでしたので、収納内にタオルを敷き詰めて蛇口を使用してみると、蛇口の裏側からポタポタと水が垂れてきました。垂れた水が収納内に溜まり、それが床に落ちて広がって染み出てきたということですね。お客様にも確認して頂くと、原因がはっきりして安心されたようでした。型番が消えてしまって詳しくはわかりませんが、MYMという刻印が入っていましたので、今はもうないメーカーの蛇口だということだけはわかりました。もし仮に修理することができたとしても、この蛇口を修理をしてこの先も使い続けるという事にはメリットがあまりありませんので蛇口本体の交換を提案させて頂きました。この蛇口に使われている部品は製造されていませんので、部品が手に入らなければ修理することができなくなり、蛇口そのものを交換しなければならなくなる時がいずれ来てしまうからです。しかし、このメーカーの製品には蛇口本体のサイズや仕様が他のメーカーの製品と異なる蛇口があり、この蛇口もそのタイプで、他の蛇口よりも胴体が太いため、他の蛇口を取り付けるためには少し加工が必要でした。お客様が希望された蛇口は常備しているものではありませんでしたので取り寄せし、後日交換作業を行うことになりましたが、蛇口から水漏れしっ放しでは困ってしまうということでしたので、収納内の止水栓で水とお湯を止め、水漏れしないようにした状態で商品の到着をお待ち頂きました。既設の蛇口を洗面台から取り除くと、ぽっかりと大きな取付穴が開いていました。現在一般的に普及している蛇口の大きさよりも穴の方が大きいので、蛇口が台の上に乗せたくてもこのままでは穴を通過してしまいます。この洗面台に新しい穴をあけることもできないため、ドーナツ型のプレートを取付穴の上に被せて取付穴を小さくし、プレートの上に蛇口を設置することで取り付けが可能になります。収納内の荷物はそのまま出したままにしておいて下さったので、スムーズに作業を行うことができました。1時間もかからずに蛇口は新しい物に入れ替わり、水漏れの心配なく使って頂けるようになりました。お客様は蛇口だけピカピカだ!と笑っていらっしゃいましたが、とても喜んで頂けたようで、よかったです。

お客様の声
長年使用した蛇口でしたが、シャワーは必要ありませんでしたので新しい蛇口に交換することができてよかったです。新しい蛇口は使い勝手がとてもよく、交換して頂いて本当によかったと思っています。