静岡市駿河区みずほ給水管補修作業 お客様の声

静岡市 トイレ水漏れ修理
電化製品を販売されている会社の方から緊急修理のご依頼を頂きました。詳しい状況をお聞きすると、トイレの温水洗浄便座を購入されたお客様宅で取り付け作業を行っていた際に、給水管が壁の中で折れてしまったようで、水が噴き出してしまったとのことでした。できるだけ早く対応可能で給水管の補修のみお願いできる所を探しているという状況のようでした。お電話の後すぐにお聞きした住所に向かいました。現場に到着した時には水道メーターのバルブで止水されていて、現場にいた販売店の方が拭き掃除をしておいて下さったので、大惨事にはなっておらず安心しました。折れてしまったのは、壁の中の給水管ではなく、止水栓の根元の部分のようでした。壁の中の給水管に止水栓を取り付けるためのネジの部分が折れてしまい、壁中の給水管のメスネジ部分に、止水栓側のオスネジが入ったままの状態で止水栓側が折れてしまったため、オスネジ部分が内部に残ってしまっている状態でした。水道メーターで止水を行わずに止水栓のみで止水をし温水洗浄便座を交換していたため、長年使用されて脆くなっていた止水栓が根元から折れてしまい、水が噴き出したということですね。こういった水を止めての交換作業の場合、水道メーターで止水を行ってから作業を行うことが基本となります。メーターで止水をしておくことで、意図していない箇所が折れてしまっても水が噴き出すことはありません。メスネジ部分にオスネジが残ってしまった場合、オスネジのみを取り除く専用の工具が必要になり、専用工具がない場合には非常に苦労することになります。オスネジを取り除いた給水管に新しい止水栓を取り付けて、トイレのタンクと新しく設置された温水洗浄便座に給水ホースを接続して修理は完了となりました。通水して最終確認していた際に、タンク内のボールタップが経年の劣化により水漏れを起こしていることがわかりましたので、お客様にも確認して頂きました。交換をご希望でしたので、ボールタップの交換も行って、水漏れなく安心してトイレを使用して頂けるようになりました。

お客様の声
突然の依頼でしたがすぐにご対応頂けてよかったです。お客様にご迷惑がかからないように色々と配慮して頂いたようで、ありがとうございました。今後また困った事が起きましたらご相談させて頂こうと思います。よろしくお願い致します。