静岡市葵区瀬名便器脱着作業 お客様の声

静岡市 トイレ詰まり修理
葵区の介護施設の職員の方からお電話を頂き、トイレが詰まってしまったと修理のご依頼を頂きました。すぐにお伺いできる状況だったのですが、あいにくお昼時で施設が慌ただしいようで、トイレは他にも沢山あるので緊急性はないというお話でしたので、夕方の落ち着いた時間帯に時間を合わせてお伺いすることになりました。夕方にお伺いしてお話をお聞きすると、職員の方がローポンプを使って詰まり除去を試みたそうですが、一向に改善しなかったということで、恐らく異物が流れてしまったのではないかと心配されていました。試しにローポンプで圧力をかけてみたのですが、確かに汚物詰まりの感触ではなく、押し返されるような抵抗を感じましたので異物詰まりの可能性が高まりました。トイレに排泄物とトイレットペーパー以外の物を入れて流してしまった場合、多くの場合詰まりが発生し、異物流れによる詰まりと言います。便器の構造上、異物が入ってしまうと、入った入り口には戻ってきにくく、排水管にも入っていかないため、通常の詰まり除去の方法では修理はほぼ不可能です。異物流れの場合は、便器を排水管から一度取り外し、手で直接異物を取り除き、再び便器を組み立て直すという、脱着作業が必要となります。便器だけをひっくり返したいのですが、便器の上にはタンクや温水便座が載っていますので、それらを一度外して避難しておく所から作業はスタートします。便器を外してひっくり返すと、床の排水管と便器の接続部分である排水ソケットに詰まりの原因が見つかりました。水をたっぷり含んで膨張した状態のパットでした。床下の排水管に落とさないようにパットをゴミ袋に取り出し、便器を元に戻して、タンクと温水便座も設置しなおしました。水道を開通させて排水テストを行い、正常に流れることを確認して修理は完了となりました。

お客様の声
過去にもオムツが原因でトイレが詰まったことがあり、その時修理してもらった業者さんに無理はせずにプロに修理を依頼した方がいいと言われていました。今回もローポンプで流れなかったので、近くの業者さんにお願いしようと思い、みずがめ水道さんに修理に来てもらいました。とても良心的な価格で直して頂けたのでよかったです。