静岡市清水区江尻ローポンプ作業 お客様の声

静岡市 洋式トイレ詰まり修理
清水区の店舗様からトイレ詰まりの修理についてご相談を頂きました。急ぎではないが早く来てもらえるなら早い方がいいというお話でしたので、お電話の後すぐにそのままお伺いしました。屋内に女性用の洋式トイレが3台並んでいて、その内の真ん中の1台のみ詰まってしまっている状況でした。ここ最近、どういう訳か真ん中のトイレだけかなりの頻度で詰まりが起きるそうで、その都度市販のラバーカップで詰まり抜きを行っているようですが、今回は改善しなかったとのことでした。1台のみの単独詰まりですので、排水管内部での詰まりの可能性は低いのですが、念のため屋外排水マスもチェックし、異常が無いことを確認しました。両隣のトイレも何回か流して流れ方を確認し、異常がないことを確認しました。不特定多数の来客者が使用するトイレなので、異物流れの可能性もありましたが、まずはローポンプを使用した詰まり除去作業を行ってみることにしました。ローポンプはピストンの原理を利用した詰まりを除去するための道具で、トイレットペーパーや排泄物での詰まりの場合であればこれ一本でほとんど解決することができる優れた一品です。ただし、上記以外の物が原因で詰まりが起きている場合は、引っ張り戻せる可能性は低く、別の方法にて修理する必要があります。ローポンプを便器に押し当てて何回か負圧をかけていると、すぐに水が流れていきました。流れていったということは異物の可能性は低くなりましたが、ボールペンなどのように細くて周りに隙間ができてしまうような物が残留してしまっている場合、頻繁に詰まりが再発することがあります。念には念をということで、トイレットペーパーを沢山丸めて、トイレに入れて流し、それを数回行って排水テストを行いました。何度も流して流れは快調でしたので、異物の可能性が限りなく低いと判断できましたので、オーナー様にご説明しました。今回はペーパーや排泄物が引っ掛かってしまっての詰まりのようでしたが、何度も詰まりが発生してしまうという原因までは判明できません。便器の内部に異物が残っているかどうか、もしくは便器と床下の排水管との接続部分のパッキンの変形により詰まりが起きやすくなってしまっているのか、はっきりと原因を調べるためには一度便器を取り外して調査する必要があります。ご自分達で直せないような詰まりが頻発するようであれば、一度便器を脱着しての調査も視野に入れてみることをお勧めして、修理は完了しました。

お客様の声
インターネットでみずがめ水道さんの施工事例に同じような症例を見つけたので、相談してみることにしました。他のトイレは普通に使用できていたので、急ぎではありませんでしたが、それでもすぐに対応して頂けて安心できました。しばらく様子を見みて、また困った時は再び相談させて頂こうと思います。